徳川ゆかりの地のグルメ 静岡市唯一のブランドTEA豚

公開日: 更新日:
料亭「浮月楼」別館のレストランで「浮殿」で提供されているTEA豚(C)日刊ゲンダイ

 最後の将軍、徳川慶喜は大政奉還後、1869~1888年の約20年間、静岡市内に住んでいた。その屋敷跡が、JR静岡駅から徒歩3分の場所にある。建物は1892年の大火などで焼失したが、慶喜がつくった「東海の名園」は、池と庭園をほぼ昔のまま残しているという。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る