• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

徳川ゆかりの地のグルメ 静岡市唯一のブランドTEA豚

料亭「浮月楼」別館のレストランで「浮殿」で提供されているTEA豚(C)日刊ゲンダイ

 最後の将軍、徳川慶喜は大政奉還後、1869~1888年の約20年間、静岡市内に住んでいた。その屋敷跡が、JR静岡駅から徒歩3分の場所にある。建物は1892年の大火などで焼失したが、慶喜がつくった「東海の名園」は、池と庭園をほぼ昔のまま残しているという。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事