嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

ふぐの名店「六本木浜藤」と串揚げ老舗「串の坊」の遊び心

公開日: 更新日:

 六本木浜藤。今年35周年を迎える、ふぐの名店だ。経営する乾晴彦さんは、大阪府茨木市出身で、僕と同郷。開店直後からうかがっているが、その思考回路の変遷が面白い。母体は串揚げの老舗「串の坊」で、乾さんは3代目だ。

 当初はお父さまが現役で経営されていたので、自分は当時大阪で大流行していた「てっちり」で勝負しようと上京。その頃の東京のポン酢は柑橘系の効き方が緩かったので、シャープなすだちを使ったポン酢を携えて勝負するも、今度はふぐの味がポン酢で決まることに疑問を抱き始めた。

 試行錯誤の末に、ふぐ本来の味が生きるオリーブオイルとふぐの骨の粉末を合わせた天然塩を使うことを思いつき、評判を呼ぶ。米から炊き上げて白子を配する雑炊も定着していた。

 ほっと安堵するもつかの間、串の坊の経営も任されることになり、忙殺の日々に突入する。串の坊は一時海外を含めて49店舗にまで広がったが、ここでも疑問が芽生えた。店を増やすことによって、全体のタガが緩くなっていることに気付いたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    東出昌大どさくさ復帰も…“離婚固持”する杏の複雑な胸中

もっと見る