嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

ふぐの名店「六本木浜藤」と串揚げ老舗「串の坊」の遊び心

公開日: 更新日:

 六本木浜藤。今年35周年を迎える、ふぐの名店だ。経営する乾晴彦さんは、大阪府茨木市出身で、僕と同郷。開店直後からうかがっているが、その思考回路の変遷が面白い。母体は串揚げの老舗「串の坊」で、乾さんは3代目だ。

 当初はお父さまが現役で経営されていたので、自分は当時大阪で大流行していた「てっちり」で勝負しようと上京。その頃の東京のポン酢は柑橘系の効き方が緩かったので、シャープなすだちを使ったポン酢を携えて勝負するも、今度はふぐの味がポン酢で決まることに疑問を抱き始めた。

 試行錯誤の末に、ふぐ本来の味が生きるオリーブオイルとふぐの骨の粉末を合わせた天然塩を使うことを思いつき、評判を呼ぶ。米から炊き上げて白子を配する雑炊も定着していた。

 ほっと安堵するもつかの間、串の坊の経営も任されることになり、忙殺の日々に突入する。串の坊は一時海外を含めて49店舗にまで広がったが、ここでも疑問が芽生えた。店を増やすことによって、全体のタガが緩くなっていることに気付いたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る