• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小川泰平さん<4>立てこもりの現場に突入し犯人に体当たり

左は警察官時代の小川泰平さん(提供写真)

 20代の頃、人質立てこもり事件の現場に突入したことがあります。犯人は両手に包丁を持ち、女性と子供を人質に取っていた。現場の交渉人は、ベテランの班長。家の周囲の塀の上に立ち、話しかけていました。それでも犯人は説得に応じず、4時間後に突入が決まった。現場の指揮官が、最初に突入する2…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事