• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

酒愉菜彩 嵯こう(本町)食べ頃を重視 こだわりの魚料理

 漁師めしブームにより魚をテーマにした店が増えた。大漁旗を飾って新鮮さを印象づけようとしているが、がっかりする店も少なくはない。魚と日本酒好きにお薦めしたいのが本町にある「瑳こう」。ビルの奥にあっても店主が仕入れと調理にこだわっているので納得できる魚料理に出合える。

 店主・田口尚孝さんが魚にこだわるようになったのは、大阪木津地方卸売市場の魚屋「丸高」と出合ってから。

「何度も店前を通るうちに向こうから声をかけられたのがきっかけ。あなたなら信用できるからいい魚を卸してあげるよと言われたんです」

 以降、「丸高」と田口さんは、いいつきあいをし、魚の知識も学んだそう。「瑳こう」で出る魚は泉州のものが中心。田口さんによると、赤舌平目は九州や日本海よりも泉州の方が海の香が強くてうまいという。「黒鯛も味がしっかりしています。一日寝かせて食べると実においしい」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事