• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【生わかめの柚子胡椒和え】火を通し味をなじませる

ノドグロヤカキエモン(東京・中目黒)

 ほどよい酸味と辛味が舌を刺激する逸品だ。食感の残る肉厚の生わかめは本来の塩分も残るため、意外と濃い口で、シュワシュワが欲しくなる。

 一口サイズに切った生わかめに柚子胡椒、薄口醤油を和える――。たったこれだけでも十分、うまい。だが、井上さんはひと手間を加え、火を通す。

「フライパンで具材が温まる程度に炒めます。皿にあけたら、食べる直前まで冷蔵庫で冷やすといいですね。熱を通してから冷やすことで味がなじむんですよ。保存も利くので、ちょっと多めに作ってタッパーに分けて冷蔵庫で保存すれば、4日間くらい持ちます。数日間、晩酌の供になるので作り置きもおすすめします」

 柚子胡椒のピリ辛感が好きで考案したメニュー。

「ピリッとするので、個人的には『宝山ハイボール』で締まりますね。ビールなど炭酸に合うんです」

 《レシピ(1人前)》
生わかめ…50グラム
柚子胡椒…小さじ1杯(5グラム)
薄口醤油…少々

(1)調理用ボウルに、一口サイズに切った生わかめと柚子胡椒、薄口醤油を入れて混ぜる。
(2)混ぜたものをフライパンで温まる程度に軽く炒める。
(3)味をなじませるため、食べる直前まで冷蔵庫で冷やす。

今日の達人 井上翔太さん

▽いのうえ・しょうた
 栃木県出身。18歳のころから割烹、居酒屋などで腕を磨き、2013年11月株式会社MUGEN入社。規格外という理由で買い手のつかない「もったいない食材」を安くおいしく提供するお店として人気のある「魚治」を経て、「NODOGUROYA KAKIEMON(ノドグロヤカキエモン)」のオープンから店主を務める。「仕事を楽しくする男日本一」がモットー。

▼「NODOGUROYA KAKIEMON」
 中目黒駅から徒歩1分にある高架下の日本酒バル。その名の通り、ノドグロと牡蠣が手頃価格でおいしく食べられる店。隣接する「立喰い焼肉 治郎丸」につながる小窓を設置しており、A4ランク以上の銘柄牛も一緒に味わえる。17~25時(LO24時)、年中無休。
東京都目黒区上目黒3―5―24℡03・6712・2077

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る