6割が速度規制を経験 容量を上げるか、節約するか?

公開日: 更新日:

 ゲームをやったり、動画を見たり。スマホは通信容量を選んで契約するため、使い方によっては月の途中で容量をオーバー。速度制限にイライラしたことがある人も多いだろう。

 モバイル専門調査会社「MMD研究所」の調査によると、6割は速度制限の経験があるという。何とか“制裁”を受けずに済む方法はないか。まずは、動画をほとんど見ないでSNS中心に使う人の対策だ。スマホ評論家の新田ヒカル氏が言う。

「LINEやインスタグラムなどのSNS、メール、電話などを中心に使う人は、毎月の通信量はせいぜい5ギガバイトで収まるはずです。『MM総研』の調査では、56%の人は3ギガバイト以下ですから。それでも月によって通信量にバラつきがあって、既定の容量をオーバーするケースは、それぞれのアプリの設定を見直せば大丈夫でしょう。サラリーマンが使うアプリで通信量を食う典型が『フェイスブック(FB)』です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  9. 9

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る