スマホ普及も一因 シニアの「消費者トラブル」最新事情

公開日:

 18日は敬老の日。毎年、各地でさまざまなイベントが開催される。ちょっと毛色は違うが、国民生活センターが、14日(木)と15日(金)に実施する「60歳以上の消費者トラブル110番」(℡03・5793・4110)もそのひとつだ。

 シニア世代の消費者トラブルといえば、これまで、訪問販売や電話勧誘販売によるものが大半を占めていた。ところが、近年はインターネットを使っての商品の購入などによる相談が急増中。“60歳以上”というのも、実はこうした流れを受けてのことだ。

「昨年の秋にセンターがまとめた60歳以上の消費トラブルの変化の資料では、“インターネットを使った消費トラブルは5年間で2倍になった”と分析しています。とりわけ、この世代がネット上のトラブルに巻き込まれて相談が増えています」(「国民生活センター」相談情報部担当者)

 先月10日、同センターが公表した「2016年度の消費生活相談情報」(全国)にも、“シルバー世代危うし”の傾向が表れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る