• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【saba-can】サバ缶が華麗に変身

ガラムマサラ(東京・経堂)

 インド料理店なのは分かるけど、普通のインド料理店では出てこない料理ばかり。

「僕が食べたい料理をそのまま出してるの。僕が飲んべえだからね、お酒に合って、飲んべえが健康になれるつまみ」

 さすが365日休肝日なしのハサンさん。お酒好きな人は、彼とも、彼の料理とも、絶対に気が合います。

 ハサンさんのサバ缶との付き合いは長い。1989年、留学生として来日したハサンさんはある時、スーパーで缶詰を手に取った。

 日本語は読めないが、缶詰の絵から「魚」ということは分かった。缶詰は未体験だが、魚は好物だ。試しに購入し、唐辛子と塩と一緒にフライパンで炒めたら、あらイケる。次はスパイスとチリパウダーで炒めたら、もっとイケる。間違ってサバの味噌缶を買ってしまったら、駄目だった。それ以降はサバの水煮の缶詰の色を覚え、加える野菜やスパイスの量を増やし、サバ缶メニューのレパートリーを増やしていった。

「saba―can」は、ガラムマサラ開店初期からのメニュー。こう来たか、と意表を突かれる逸品だ。

 合わせるお酒はビールが定番だが、日本酒も合うのでは、と密かに思う今日このごろ。

《材料》
A(オクラみじん切り3本、ゴーヤーみじん切り10グラム、玉ネギ薄切り10グラム)
B(クミンパウダー小さじ1、コリアンダーパウダー小さじ1、黒コショウ小さじ4分の1、塩ひとつまみ)
・サバの水煮 缶2分の1
・クミンシード 小さじ2分の1
・パクチーざく切り

 1~2株
・ショウガ千切り 適量
《レシピ》

(1)フライパンに油を敷きクミンシードを加熱。パチパチという音がしてきたらAを入れる。

(2)Aに油がなじんだらBを加えざっと炒める。

(3)サバを汁ごと入れ、崩すようにして炒める。ねっとりしてきたらパクチーを加えて混ぜる。

(4)缶に盛り、パクチー、ショウガ千切りをトッピング。

今日の達人 ハサン・メハディさん

▽はさん・めはでぃ
インド・ムンバイ出身。日本留学を経てインドへ戻り、再来日。会社員をしていたが、カレーが食べたくても本格インド料理店が少なく、自分で店を開いた。母親直伝の家庭の味に、ハサンさんが世界中を旅して食べ、おいしいと思った料理のエッセンスをプラス。「インド料理店というよりスパイス料理店」とハサンさん。今は中華料理にハマっており、しばしば上海へ。新たなメニュー考案へ生かす予定。

▼「ガラムマサラ」
小田急線・経堂駅から徒歩2分。バター、生クリーム不使用。ハサンさんの趣向を凝らした料理を楽しむなら「おまかせ」でお願いするのもいい。記者のおすすめは「タンドリー・砂肝」「梅チキンカレー」「納豆カレー」「ドライマトン」。17時半~22時半。木曜定休。
東京都世田谷区経堂1―22―18 2階 ℡03・3427・1985

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る