【サバ缶とチーズの卵焼き】意外な組み合わせでうま味倍増

公開日:

ガラムマサラ(東京・経堂)

 卵焼きはインドで「ディムバジ」と呼ぶ。前回までの料理は店でも食べられるが、「サバ缶とチーズの卵焼き」は今後登場するかも、というメニュー。

 日本と同じく、インドでも朝食に卵焼きを食べることが多い。

「チャパティ(小麦粉に塩と水を加えて練って発酵させずに鉄板で焼いたパン)で巻くなどしてサンドイッチのようにして食べます。ナンは、釜がある家じゃないと作れないので、一般的には外で食べるものです」

 卵焼きには、玉ネギ、スパイス、青唐辛子などの具材が入り、味がついているのが普通。今回はお酒に合うようにと、サバ缶とチーズも加えた。

 ハサンさんが最近ハマっている卵料理は、サバ缶、チリパウダー、パクチーペースト、卵を混ぜ、土鍋に入れて弱火でゆっくり焼き上げたもの。フワフワして美味だが、そこは探究心が強いハサンさん。「お客さんにすすめるには、もうちょっと試行錯誤が必要ですね」とのことだった。

 《材料》 
・サバの水煮缶 2分の1
・卵 1個
・とろけるチーズ 適量
・ショウガみじん切り 適量
・パクチー 適量
A(クミンパウダー小さじ1、コリアンダーパウダー小さじ1、黒コショウ小さじ2分の1、塩少々)

 《レシピ》 
(1)卵、サバ、Aをボウルで混ぜる。
(2)フライパンに油を引き①を入れる。固まってきたら、チーズ、ショウガ、刻みパクチーを加え、オムレツのように巻く。好みでパクチーやレタスをトッピング。

今日の達人 ハサン・メハディさん

▽はさん・めはでぃ
インド・ムンバイ出身。日本留学を経てインドへ戻り、再来日。会社員をしていたが、カレーが食べたくても本格インド料理店が少なく、自分で店を開いた。母親直伝の家庭の味に、ハサンさんが世界中を旅して食べ、おいしいと思った料理のエッセンスをプラス。「インド料理店というよりスパイス料理店」とハサンさん。今は中華料理にハマっており、しばしば上海へ。新たなメニュー考案へ生かす予定。

▼「ガラムマサラ」
小田急線・経堂駅から徒歩2分。バター、生クリーム不使用。ハサンさんの趣向を凝らした料理を楽しむなら「おまかせ」でお願いするのもいい。記者のおすすめは「タンドリー・砂肝」「梅チキンカレー」「納豆カレー」「ドライマトン」。17時半~22時半。木曜定休。
東京都世田谷区経堂1―22―182階 ℡03・3427・1985

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る