【ズッキーニのサラダ ミント風味】皮は香ばしく中はコリコリ

公開日: 更新日:

スパイス・カフェ(東京・文花)

 大学卒業後に勤めた会社を辞めて世界一周の旅に出た伊藤シェフ。南米を回っていたころから手に職を付けたいと思うようになり、料理の道に入ることを決意。帰国後4年間の修業を経て、インド各地を回っていたときにその奥深さに魅了されたスパイスに特化した料理店をオープンした。

「日本でスパイスといえばカレーです。でも、カレー以外にも楽しくておいしいスパイスの世界があることを知ってもらいたいですね。スパイスを1つプラスすることで、いつもの料理の味がガラリと変わりますよ」(伊藤シェフ)

 この連載のために、簡単に手に入る食材+ワンスパイスを使い、10分程度でできる酒のつまみを教えてくれた。

 1品目はズッキーニの皮を焼いた香ばしさと中の半生のコリコリの歯ごたえを楽しむ料理。フライパンで炒めたり、鍋で煮込んだりするのではなく、輪切りにして油を塗ったズッキーニをガスコンロで網焼きにするのがミソ。ミントの代わりにレモンの皮をおろすかみじん切りにしたものでも可。フェンネルシードはフライパンで軽くからいりすることで香りを立たせる。

《材料》
ズッキーニ      適量
ミントの葉      適量
フェンネルシード   少々
塩          少々
レモン汁       少々
オリーブオイル    適量
《レシピ》

(1)1センチの厚さに輪切りにしたズッキーニにオイルを塗る。
(2)ガスコンロにのせた焼き網にズッキーニを並べ、皮に軽く焦げが付き、中は半生状態になるまで焼く。
(3)焼いたズッキーニを1枚ずつ4つに切り、塩とレモン汁で味を付ける。
(4)ざく切りしたミントの葉と、フライパンでからいりして細かく刻んだフェンネルシードを和える。

今日の達人 伊藤一城さん

▽いとう・かずしろ
 1970年東京都生まれ。大学卒業後に4年間勤めた会社を辞め、1996年から3年半で5大陸48カ国を回った。帰国後にイタリア料理店で1年間、インド料理店で2年間、スリランカ料理店で1年間のシェフ修業を経て、03年に「スパイス・カフェ」を開業した。

▼スパイス・カフェ
 東京スカイツリーにほど近い下町情緒が残る一角にある築50年の木造アパートをカフェに改築。ランチは水・木・金曜の11時半~15時(LO14時)。ライス、副菜、ドルチェ、ドリンク付きでカレー1種1100円、カレー2種1400円。ディナーは水~日曜の18~23時(LO20時半)。完全予約制で、スパイスの楽しさを表現した7皿のコース(5000円)のみ。
東京都墨田区文花1―6―10
℡03・3613・4020

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る