【シイタケのオーブン焼きブラックペッパー風味】ピリッと洋風に

公開日: 更新日:

スパイス・カフェ(東京・文花)

 スパイスをちょっと足すだけで、同じ食材を使った料理でもいつもと違う味を楽しめる。

「スパイスというと、何種類も揃えなければならないと考える人が多いですが、家庭の料理にワンスパイス加えるところから始めてみてはいかがでしょう。ただし、スパイスを使う際は、風味を立たせるためにひと手間かけてください」(伊藤シェフ)

 風味を立たせる方法は大きく分けて3つある。①フライパンでからいりする②ひくか叩いて潰す③油の中で加熱してはじけさせる――の3つだ。

 市販のカレー粉もからいりして使うと、風味が格段によくなるという。
 今日の一品はスパイスのブラックペッパーを“潰す”ことで風味を立たせる。
 オリーブオイルとバターの割合はお好みで。バターが多ければ、コッテリ度が強まる。

 ブラックペッパーは粗びきするか、ビンの底などで潰して振り掛ける。ブラックペッパーの代わりに、からいりしたコリアンダーシードを使うとエキゾチックな柑橘系の風味を楽しめる。両方作って、風味比べするのもスパイスの楽しみ方のひとつだ。

《材料》
シイタケ    1人分4個
ニンニク       適量
バター        適量
オリーブオイル    適量
ブラックペッパー   適量
塩          少々

《レシピ》

(1)シイタケのヘタを取り、傘の裏にバターとオリーブオイル、みじん切りのニンニクをのせる。
(2)200度のオーブンまたはオーブントースターで10分ほど焼く。
(3)粗びきしたブラックペッパーと塩少々を振り掛ける。

今日の達人 伊藤一城さん

▽いとう・かずしろ
 1970年東京都生まれ。大学卒業後に4年間勤めた会社を辞め、1996年から3年半で5大陸48カ国を回った。帰国後にイタリア料理店で1年間、インド料理店で2年間、スリランカ料理店で1年間のシェフ修業を経て、03年に「スパイス・カフェ」を開業した。

▼スパイス・カフェ
 東京スカイツリーにほど近い下町情緒が残る一角にある築50年の木造アパートをカフェに改築。ランチは水・木・金曜の11時半~15時(LO14時)。ライス、副菜、ドルチェ、ドリンク付きでカレー1種1100円、カレー2種1400円。ディナーは水~日曜の18~23時(LO20時半)。完全予約制で、スパイスの楽しさを表現した7皿のコース(5000円)のみ。
東京都墨田区文花1―6―10
℡03・3613・4020

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る