【IT家電】スマートスピーカーは音楽サービスで選ぶ

公開日:

「OKグーグル、クラシックを流して」

 AIアシスタント搭載のスマートスピーカーに話しかけると、ユーザーがやってほしいことを実現してくれる。テレビCMでもおなじみで、家電量販店などでもイチオシ商品になっている。ユーザーの思い通りに動いてくれる侍従みたいなもので便利そうだが、ちょっとぬくもりに欠けるような。本場米国では普及しているのか。小口覺氏に聞いた。

「3年ほど前から売られている米国では、今年までの販売台数が3300万に達するといわれるほどの人気です。当初の予測を大幅に上回り、普及率は高まっています。その米国の調査では、音楽を聴くために使っている人が大半です。日本でも各メーカーのポータブルスピーカーは、AIアシスタント搭載の流れになっていますから、すぐに普及するでしょう。これが“標準”になるのは時間の問題だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る