【チーズ豆腐】門外不出 ツマミにもデザートにもなる人気メニュー

公開日: 更新日:

食家 螢(熊本・熊本市内)

「このメニューだけは今までどこにもレシピを公開していないんです。でも(常連客でご当地リポーターの常盤)よしこさんの紹介じゃ断れないなぁ……」と渋々OKしてくれて、このたびレシピを初公開した人気メニューがこれ。

 クリームチーズと生クリームのクリーミーなゼリー寄せ。ワサビ醤油で食すのが螢流。沖縄のピーナツ豆腐のような、おかずとデザートの中間的な存在だ。チーズと生クリームで味は濃厚だが、後味がさっぱり。日本酒のアテにチビチビやろう……なんて思っていたら、あっという間に完食。

「うちでは合わせ醤油で出していますが、ハチミツやフルーツソースをかければデザートになりますよ」(村岡さん)

 実は女性グループは各自1個頼むのがマストなのだとか。幸せなツマミのひとつである。

《材料》(6人分)
・クリームチーズ  350グラム
・牛乳  500㏄
・生クリーム 200㏄(1パック)
・粉ゼラチン  15グラム
・イクラ  少々
・カイワレ  少々
・ワサビ  少々
・薄口醤油  少々

【合わせ醤油】
・濃い口醤油  大さじ1
・みりん  大さじ1

《レシピ》
(1)クリームチーズを室温に置き、粉ゼラチンを水に浸して軟らかくしておく。
(2)鍋にクリームチーズを入れ、弱火で少しずつ牛乳を加えながらペースト状にする。
(3)さらにリボン状になるまで練り込み、生クリーム、①のゼラチンを加え、中火でよく混ぜ、薄口醤油を加える。
(4)③を容器に入れ、冷蔵庫で冷やして固める。
(5)④を皿に取り分け、イクラ、カイワレ、すりおろしたワサビを飾り、最後に合わせ醤油を流し込む。

今日の達人 村岡恭臣さん

▽むらおか・やすおみ
 食家 螢代表(料理担当)。KKRホテルなどでマルチに料理を体得したのち、実家の鮮魚店で1年ほど流通を学び、兄の祐次氏と現店舗を立ち上げる。一口大にしたブリ照り、クリームパスタなど、女性好みのメニューづくりに定評がある。

●食家 螢
 実家が魚の卸問屋を営む料理人兄弟が2004年に立ち上げた創作居酒屋。次男の祐次氏が接客、三男の恭臣氏が料理の仕切り、長男が営む魚屋から、毎日新鮮な魚を仕入れ、オリジナリティーのあるメニューで人気。平日でも予約で満席になる熊本の超人気店。
熊本市中央区新市街3―21 ジャナス1ビル
℡096・327・2231

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る