【ブリ大根】から揚げにすると身がプリッとしてタレに絡む

公開日: 更新日:

食家 螢(熊本・熊本市内)

 よそのブリ大根とはぜんぜん違う常識を超えたウマさで、ほとんどのテーブルが注文するのがコレ。口に運びやすい一口大にし、から揚げにしてからタレを絡めているのが特徴だ。

「女性が箸で崩してブリを食べている印象がなかったので、女性向けのメニューにしました」と村岡さん。

 煮付けは煮込みすぎて魚の身がパサついたり、崩れがち。サッと揚げることで身がプリッと軟らかく仕上がる。また、から揚げの衣のかたくり粉からとろみが出て、タレがしっかり衣に絡む。

「女性に気に入られる料理を常に心がけています。男性はコンサバで新しい味に挑戦しませんが、女性が頼むと一緒に来た男性も食べてくれます。そうして注文が増えて定番になりました」(村岡さん)

 酒の肴も女子ウケは大事なポイントなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る