• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「そだねー」以外に「忖度」も アノ企業の意外な商標登録

 早くも今年の流行語大賞の“筆頭”ともいわれる「そだねー」。平昌五輪でカーリング女子日本代表「LS北見」(北海道北見市)の選手たちが試合中に連発していた北海道弁だが、バターサンドで有名な帯広市の菓子メーカー「六花亭製菓」が3月1日、特許庁に商標登録を出願し、話題になった。

 ネット上は「六花亭ならまだ許せる」とか「やだねー」と賛否両論だが、同社は「独占する意図はない」としていた。その後、六花亭より2日早く北見工業大学生活協同組合が商標登録を届け出ていたことが判明。同庁は出願者を同生協に変更中という。

「そだねー」に限らず、あんな言葉をこんな企業が商標登録している意外なケースは他にもある。たとえば「女子高生」は1999年12月に伊藤ハムが登録、継続し、存続期間満了は2019年。もっとも同社広報担当者によると、「商品名には使っていません。なぜ登録したか? もう昔のことなので、はっきりした理由を知っている者はいません」とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る