女子中高生が悩むPK現象に救世主 ワコールに開発秘話聞く

公開日: 更新日:

 女子高生のパンツをめぐる動画が話題だ。ユーチューブにアップされている「プリリ“JKのPKあるある!”cast.山本姫香」で、歩いているだけ、リュックを背負っただけで……ささいなしぐさでパンツが食い込んで困った経験をまとめたもの。

 女性なら「あ~、あるある!」と納得できるシチュエーションで、2月28日の公開後、視聴回数は22万回超え。ジワジワとアクセス数を伸ばしている。

「PK」とは女子中高生の間で使われる「パンツ食い込む」の略語。

 動画は3月にワコールから発売された、パンツが食い込みにくいショーツ「non!PK」の発売に合わせて同社が制作したものだが、その開発の裏には、女子中高生たちの深刻な悩みがあったという。同社の広報担当者がこう明かす。

■日常のPK動作は18種類

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る