学歴フィルターに騒然 就活突破の武器は文系でも数学力

公開日:

 学歴フィルターをご存じか。就職活動のセミナーなどのネット登録で、大学名によって受け付けできたり、できなかったりする仕掛けのことだ。そんなフィルターを巡って、ちょっとした騒動が起きている。

 ある女性が「就職必勝セミナー&会社説明会」に登録しようと、学校名に「帝京大学文学部史学科」、卒業(予定)年月を「2019年03月」として入力したところ、全日程が満席で、「現在、受付可能な日程はありません」と表示された。

 ところが、学校名を「早稲田大学」、学部を「文学部」、学科を「文学科」として改めて入力したところ、全日程が「受付中」に切り替わり、自分の好きな日程で予約し放題だったという。

 学歴フィルターの存在に怒った女子学生は、一連の画面をキャプチャーしてネットに投稿。フィルターを仕掛けた会社が高橋書店だったと暴かれる事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る