• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ギネスに認定 「112歳」野中正造さんに学ぶ長寿の秘訣

 北海道足寄町といえば、松山千春や鈴木宗男で知られる町。そこに新たな有名人が誕生した。長寿世界一でギネスに認定された野中正造さん。御年112歳である。

 正造さんは明治38(1905)年生まれ。父が創業した「野中温泉」を運営してきた。

 孫の祐子さんによると、正造さんは90歳まで裏山を削岩機でガンガン掘り、5、6年前まで玄関に張った氷を割る作業をしていた。現在は毎朝7時ごろ起床し、建物の中を車いすで移動したりして過ごし、夕食後の午後8時ごろ就寝。途中で目覚めてテレビを見たりし、また寝入る生活だ。

 いまも毎日、北海道新聞の見出しに目を通し、興味がある記事は老眼鏡を掛けてじっくり読む。自宅が温泉だから、のんびりお湯につかっていることは言うまでもない。

■「ひねくれ者」と言われるほど物事を考える

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

もっと見る