B型が「最も高ストレス」 血液型別イメージは間違いだった

公開日:

 一般的に感受性が高く、マイペースといわれるB型。いわば、ネコみたいな性質だ。ところが、B型の女性は高ストレスを抱えているという逆の結果が出ている。

 血液型の性格分析の根拠は薄いとされるが、血液型イメージへの思い込みが揺らいでいる。メディプラス研究所が厚労省「ストレスチェック制度の健康状態項目(15問)」を点数化し、血液型の違いによるストレスの高低を分析した。対象は約7万人で、集計したデータを県・年齢を実際の人口でウエート修正している。

「高ストレス女性(77点以上)を血液型別に分類したところ、高ストレス者の含有率が高かったのは、一般的に“自由を好む”といわれるB型。逆に低ストレス女性(39点以下)は、一般的に“神経質”だとされるA型が多いという結果でした」(メディプラス広報事務局)

 ただし、高ストレスの血液型による差は、1位のB型16.90%、2位のO型16.15%、3位のA型15.90%、4位のAB型15.88%と、1位から4位まで1.02%の僅差。標準誤差率の範囲ともいえるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る