順天堂が取り違え “血の繋がらない子”は遺産相続できる?

公開日:

 順天堂大学順天堂医院(東京・文京区)で、約50年前に新生児の取り違えが起きていた可能性が明らかになった。

 最近、当事者とその母親が来院して、DNA検査をしたところ、親子関係が存在しないことが分かったという。

 同院は相手方の当事者である親子には、名乗り出ない限り対応しないというが、DNA検査で親子関係が一致した場合、遺産相続はどうなるのか。相続する権利があるのは血縁関係のある実子か、それとも50年、共に暮らした他人の子なのか。

「50年実子として育てられても血縁上の関係がないことが分かれば、相続は受けられません。民法には、婚姻中の妻が産んだ子は夫の子とする『嫡出推定』があります。仮に妻が不倫して生まれた子でも、1年が経ってしまえば夫は訴えることもできず、それが認められてしまう。ただ、今回みたいに取り違えられたケースでは、妻は、それまで育ててきた子供を産んでいない。夫婦がどれだけ愛情を注いでいても相続権はないのです」(弁護士の山口宏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る