採用や昇進の前に…日本企業が講じる“セクハラ対策”の実情

公開日: 更新日:

 財務省の福田淳一事務次官の“セクハラ辞任”を受け、経団連の榊原定征会長は23日の定例会見で「(セクハラ問題について)しっかりやっている企業もあるが、すべてに浸透しているかどうかについては努力がいる部分もある」と語った。

 セクハラは加害者本人だけじゃなく、そのまま見過ごし、防止のために必要な措置を講じない企業も法的に罰せられる。

「『あの会社はセクハラに甘い』なんてうわさがSNSで拡散されたら、就活生に敬遠されてしまいます」(電機メーカー人事担当者)

 いろんな意味で会社全体にダメージを与えかねないのに、セクハラ対策の研修と称し、5万円のビデオ3巻を社員に視聴させるだけで済ませる企業もあるという。

「厚労省のセクハラ指針が昨年改正されて、LGBTも対象になったというのに、熟年社員は『LGBTってオカマのことか』なんてレベルだったりする。講師として弁護士を会社に呼び、6万円ほど払って半日研修を実施しても、居眠りしている社員もいますから」(人事コンサルタント)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る