採用や昇進の前に…日本企業が講じる“セクハラ対策”の実情

公開日:

 財務省の福田淳一事務次官の“セクハラ辞任”を受け、経団連の榊原定征会長は23日の定例会見で「(セクハラ問題について)しっかりやっている企業もあるが、すべてに浸透しているかどうかについては努力がいる部分もある」と語った。

 セクハラは加害者本人だけじゃなく、そのまま見過ごし、防止のために必要な措置を講じない企業も法的に罰せられる。

「『あの会社はセクハラに甘い』なんてうわさがSNSで拡散されたら、就活生に敬遠されてしまいます」(電機メーカー人事担当者)

 いろんな意味で会社全体にダメージを与えかねないのに、セクハラ対策の研修と称し、5万円のビデオ3巻を社員に視聴させるだけで済ませる企業もあるという。

「厚労省のセクハラ指針が昨年改正されて、LGBTも対象になったというのに、熟年社員は『LGBTってオカマのことか』なんてレベルだったりする。講師として弁護士を会社に呼び、6万円ほど払って半日研修を実施しても、居眠りしている社員もいますから」(人事コンサルタント)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る