採用や昇進の前に…日本企業が講じる“セクハラ対策”の実情

公開日:

 財務省の福田淳一事務次官の“セクハラ辞任”を受け、経団連の榊原定征会長は23日の定例会見で「(セクハラ問題について)しっかりやっている企業もあるが、すべてに浸透しているかどうかについては努力がいる部分もある」と語った。

 セクハラは加害者本人だけじゃなく、そのまま見過ごし、防止のために必要な措置を講じない企業も法的に罰せられる。

「『あの会社はセクハラに甘い』なんてうわさがSNSで拡散されたら、就活生に敬遠されてしまいます」(電機メーカー人事担当者)

 いろんな意味で会社全体にダメージを与えかねないのに、セクハラ対策の研修と称し、5万円のビデオ3巻を社員に視聴させるだけで済ませる企業もあるという。

「厚労省のセクハラ指針が昨年改正されて、LGBTも対象になったというのに、熟年社員は『LGBTってオカマのことか』なんてレベルだったりする。講師として弁護士を会社に呼び、6万円ほど払って半日研修を実施しても、居眠りしている社員もいますから」(人事コンサルタント)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る