• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

はあちゅう告発で改めて疑問 セクハラ&パワハラに時効は

 作家でブロガーの「はあちゅう」さんが広告代理店勤務時代に、1人の“先輩”からセクハラやパワハラを受けていたと告発し、大騒ぎになっている。

 彼女は慶応大卒業後、2009年に入社、10年ごろからハラスメントを感じるようになり、11年11月に退社。「声を上げるまでに7年かかった」としている。

 加害者にとっては「もう7年も前の話」でも、被害者は忘れない。セクハラやパワハラは、いつまで訴えることができるのか。

 東京永田町法律事務所の加藤寛久弁護士によると、「セクハラやパワハラ行為によってPTSD(心的外傷後ストレス障害)などを患った場合、加害者の上司や同僚を民事事件で訴えることができます。時効はハラスメントの被害および加害者を知った時から3年。この間なら、すでに会社を辞めていて、加害者と関係が切れていても請求できます」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事