浅草高の元国語教師が食べ歩き 「観音裏」名物女将のお店

公開日: 更新日:

 氏子衆が神輿を担ぎ、荒々しく振り回す魂振りで、豊作を願い、病気や邪気を払う――。

 2週間後に行われる三社祭で、東京・浅草は一足早い夏を迎える。都立浅草高校の元国語教師、神林桂一さん(63)は、3月に退任するまで41年間、浅草を中心に都内各地を飲み食べ歩いてきた。中でも愛する浅草については、2004年から独自の視点でミニコミ誌を発行。ランキングにしている。名物女将がいる店ベスト10を聞いた。

「5時に店でお会いしましょう」

 そう約束して記者が向かったのは、レトロな店構えが印象的な「正直ビアホール」。10分前に店に着くと、全8席のカウンターの右端に、先生はすでに座っていた。

「女将ランキングでは、この店を外せませんよ。吉原遊郭にあった『正直楼』がルーツで、1950年に開店し、2年前までは吉原に本店があったんです。だからここは分店。開店当時をしのばせる氷冷式のビールサーバーがいいでしょう。都内最古で今なお現役。うすはりグラスについでもらうビールが抜群にウマい。料理がないので、ママとの会話が最高の酒の肴なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る