浅草高の元国語教師が食べ歩き 「観音裏」名物女将のお店

公開日: 更新日:

 氏子衆が神輿を担ぎ、荒々しく振り回す魂振りで、豊作を願い、病気や邪気を払う――。

 2週間後に行われる三社祭で、東京・浅草は一足早い夏を迎える。都立浅草高校の元国語教師、神林桂一さん(63)は、3月に退任するまで41年間、浅草を中心に都内各地を飲み食べ歩いてきた。中でも愛する浅草については、2004年から独自の視点でミニコミ誌を発行。ランキングにしている。名物女将がいる店ベスト10を聞いた。

「5時に店でお会いしましょう」

 そう約束して記者が向かったのは、レトロな店構えが印象的な「正直ビアホール」。10分前に店に着くと、全8席のカウンターの右端に、先生はすでに座っていた。

「女将ランキングでは、この店を外せませんよ。吉原遊郭にあった『正直楼』がルーツで、1950年に開店し、2年前までは吉原に本店があったんです。だからここは分店。開店当時をしのばせる氷冷式のビールサーバーがいいでしょう。都内最古で今なお現役。うすはりグラスについでもらうビールが抜群にウマい。料理がないので、ママとの会話が最高の酒の肴なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る