浅草高の元国語教師が食べ歩き 「観音裏」名物女将のお店

公開日:

 氏子衆が神輿を担ぎ、荒々しく振り回す魂振りで、豊作を願い、病気や邪気を払う――。

 2週間後に行われる三社祭で、東京・浅草は一足早い夏を迎える。都立浅草高校の元国語教師、神林桂一さん(63)は、3月に退任するまで41年間、浅草を中心に都内各地を飲み食べ歩いてきた。中でも愛する浅草については、2004年から独自の視点でミニコミ誌を発行。ランキングにしている。名物女将がいる店ベスト10を聞いた。

「5時に店でお会いしましょう」

 そう約束して記者が向かったのは、レトロな店構えが印象的な「正直ビアホール」。10分前に店に着くと、全8席のカウンターの右端に、先生はすでに座っていた。

「女将ランキングでは、この店を外せませんよ。吉原遊郭にあった『正直楼』がルーツで、1950年に開店し、2年前までは吉原に本店があったんです。だからここは分店。開店当時をしのばせる氷冷式のビールサーバーがいいでしょう。都内最古で今なお現役。うすはりグラスについでもらうビールが抜群にウマい。料理がないので、ママとの会話が最高の酒の肴なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る