浅草高の元国語教師が食べ歩き 「観音裏」名物女将のお店

公開日:

 氏子衆が神輿を担ぎ、荒々しく振り回す魂振りで、豊作を願い、病気や邪気を払う――。

 2週間後に行われる三社祭で、東京・浅草は一足早い夏を迎える。都立浅草高校の元国語教師、神林桂一さん(63)は、3月に退任するまで41年間、浅草を中心に都内各地を飲み食べ歩いてきた。中でも愛する浅草については、2004年から独自の視点でミニコミ誌を発行。ランキングにしている。名物女将がいる店ベスト10を聞いた。

「5時に店でお会いしましょう」

 そう約束して記者が向かったのは、レトロな店構えが印象的な「正直ビアホール」。10分前に店に着くと、全8席のカウンターの右端に、先生はすでに座っていた。

「女将ランキングでは、この店を外せませんよ。吉原遊郭にあった『正直楼』がルーツで、1950年に開店し、2年前までは吉原に本店があったんです。だからここは分店。開店当時をしのばせる氷冷式のビールサーバーがいいでしょう。都内最古で今なお現役。うすはりグラスについでもらうビールが抜群にウマい。料理がないので、ママとの会話が最高の酒の肴なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る