福井と岩手の“具”に苦労 47都道府県おむすびができるまで

公開日: 更新日:

 ご当地グルメ好きにはたまらん光景が、東京駅と品川駅にある。

「その土地の出身者もそうでない人も、だれもが納得する特産品を47都道府県全て探すまで半年かかりました。それはもう、かなり大変でしたね」

 こう話すのは、「47都道府県ふる里おむすび」の商品開発を担った「百千」の和気祐太郎さん。元の発案者は社長だが、実際に動いて具を探した専任スタッフは和気さんを含むわずか2人だ。

 北海道や福岡などすぐに名物を思いつくエリアはいい。インターネットで探し、アンテナショップを足を棒にして回り、地元出身者に聞き込みをしても、いいアイデアが湧いてこない県もある。

「たとえば九州は、鹿児島、熊本、宮崎、大分とおむすびの具で有名なのが鶏肉なんです。しかし、全部鶏肉にするわけにはいきませんよね。どう振り分けるかに頭を悩ませました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る