福井と岩手の“具”に苦労 47都道府県おむすびができるまで

公開日: 更新日:

 ご当地グルメ好きにはたまらん光景が、東京駅と品川駅にある。

「その土地の出身者もそうでない人も、だれもが納得する特産品を47都道府県全て探すまで半年かかりました。それはもう、かなり大変でしたね」

 こう話すのは、「47都道府県ふる里おむすび」の商品開発を担った「百千」の和気祐太郎さん。元の発案者は社長だが、実際に動いて具を探した専任スタッフは和気さんを含むわずか2人だ。

 北海道や福岡などすぐに名物を思いつくエリアはいい。インターネットで探し、アンテナショップを足を棒にして回り、地元出身者に聞き込みをしても、いいアイデアが湧いてこない県もある。

「たとえば九州は、鹿児島、熊本、宮崎、大分とおむすびの具で有名なのが鶏肉なんです。しかし、全部鶏肉にするわけにはいきませんよね。どう振り分けるかに頭を悩ませました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る