福井と岩手の“具”に苦労 47都道府県おむすびができるまで

公開日: 更新日:

 ご当地グルメ好きにはたまらん光景が、東京駅と品川駅にある。

「その土地の出身者もそうでない人も、だれもが納得する特産品を47都道府県全て探すまで半年かかりました。それはもう、かなり大変でしたね」

 こう話すのは、「47都道府県ふる里おむすび」の商品開発を担った「百千」の和気祐太郎さん。元の発案者は社長だが、実際に動いて具を探した専任スタッフは和気さんを含むわずか2人だ。

 北海道や福岡などすぐに名物を思いつくエリアはいい。インターネットで探し、アンテナショップを足を棒にして回り、地元出身者に聞き込みをしても、いいアイデアが湧いてこない県もある。

「たとえば九州は、鹿児島、熊本、宮崎、大分とおむすびの具で有名なのが鶏肉なんです。しかし、全部鶏肉にするわけにはいきませんよね。どう振り分けるかに頭を悩ませました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る