福井と岩手の“具”に苦労 47都道府県おむすびができるまで

公開日:

 ご当地グルメ好きにはたまらん光景が、東京駅と品川駅にある。

「その土地の出身者もそうでない人も、だれもが納得する特産品を47都道府県全て探すまで半年かかりました。それはもう、かなり大変でしたね」

 こう話すのは、「47都道府県ふる里おむすび」の商品開発を担った「百千」の和気祐太郎さん。元の発案者は社長だが、実際に動いて具を探した専任スタッフは和気さんを含むわずか2人だ。

 北海道や福岡などすぐに名物を思いつくエリアはいい。インターネットで探し、アンテナショップを足を棒にして回り、地元出身者に聞き込みをしても、いいアイデアが湧いてこない県もある。

「たとえば九州は、鹿児島、熊本、宮崎、大分とおむすびの具で有名なのが鶏肉なんです。しかし、全部鶏肉にするわけにはいきませんよね。どう振り分けるかに頭を悩ませました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る