セイコー×シチズン 日本が誇るクオーツメーカーの生涯年収

公開日:

 セイコーHDとシチズンといえば、日本を代表するクオーツメーカーです。売り上げの約半分が時計部門ですが、近年は生き残りをかけ、電子デバイスなどにも力を入れています。今回はこの両社の社員待遇を比較してみます。

 セイコーは1881(明治14)年創業、東京・銀座に本拠を構えます。服部家が大株主で、01年に持ち株会社化しました。「SEIKO」ブランドで知られます。

 一方、シチズン時計は1918年創業、西東京市に本社を置く会社です。今年で創業100周年を迎えました。スイスのフレデリック・コンスタントを買収し、アメリカでの販売強化のため、現地販売会社の統合などを行っています。

 17年3月期の連結売上高はセイコーが2571億円、対するシチズンが3126億円で、その差は555億円です。経常利益も220億円のシチズンが、67億円のセイコーを上回ります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る