植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

自由が心地良い人は危険? 非常識な中年女性が増えるワケ

公開日: 更新日:

 独身生活が「もう嫌だ」というタイプは結婚しやすいのですが、自由が心地良くて何とも思わなくなったら危険ですね。独身が長くなると何が問題かというと、叱ってくれる人がいなくなることです。最近はIT系や派遣社員など、業務中に会話をしなくても成り立つ職種も増えました。社会の風潮としても、上司が下手に注意すれば、パワハラやセクハラと訴えられるリスクもある。特に40歳を過ぎた大人に対して注意はしなくなります。

■自己中な中年たち

 そうして親身になって間違いを正してくれる人がいなくなって、親とも離れて生活しているので常識を教えてもらえないまま、年を重ねていくのです。独身の非常識な40代が圧倒的に増えました。

 たとえば47歳の外資系金融機関の女性のケースです。彼女は、当相談所に来て初めてのカウンセリング中、断りもなく電話に出ました。カウンセリングは1人当たり30~45分で、次の人も待っています。こちらも真剣な話をしているのに、突然会話を始めました。「うんうん、それで」と話しているので、急用かと思いましたね。数分後、電話を切ったので「大丈夫?」と聞きました。「ああ、急用じゃないです。友人ですよ」と悪びれる様子もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか