橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

こっそり確認したくなる 爪でわかる“年齢”と“女性の本性”

公開日: 更新日:

 電車の中で爪を噛んでいる男がいた。子供の頃からの癖なのだろうか。心理学的に言えば、オトナが爪を噛むのは情緒不安定、欲求不満、自己中心、甘えん坊などの要因がある。

 ペギー葉山のヒット曲に「爪」という歌がある。アパートで同棲しているカップルが別れることになり、別れ際に女が言う。

「♪もうよしなさい 悪い癖 爪を噛むのはよくないわ」

 女は長い間、その癖が気になっていたのだ。

「♪私のことは 大丈夫よ そんな顔してどうしたの 直しなさいね悪い癖 爪を噛むのはよくないわ」

 女のほうから別れ話を切り出したのだろう。男は寂しそうな顔をして、女の同情を買おうとしている。やはり、爪を噛む男は甘ったれなのだ。

 だが、爪を噛めるのは若い証拠だ。高齢になると爪は「肥厚爪」という症状になり、水分を奪われ、乾燥して硬くなるから噛めなくなる。僕は爪を噛む癖はないが、他人の爪は気になる。特に女の長く伸ばした爪は不潔に感じる。爪を3ミリ伸ばすと、両手で3万4000個もの細菌が付着するといわれている。それに、長い爪では料理を作れない。キャベツの千切りをしたら爪まで切ってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る