音楽事務所社長が次々に繰り出した“くだらない言い訳”

公開日: 更新日:

「そもそも価格交渉があり、相場の半額以下の12万円で受けた仕事でした。それで、これくらいなら払えるだろうという安心もあったんです。また、収録は5曲のはずが7曲になり、1日の予定が2日になるといった変更もありましたが、スタジオ代は追加料金が発生しても、編集費用はそのままとなりました」

 ここまで譲歩した上に未払いとなったのだ。H社長の言い訳はこうだったという。

「経理に回したんだけど、まだ払われてなかった?」

「今は支払いは難しいけど、年末に次のCD制作もお願いしたいので、そのときに前払いで一緒に払うというのでどう?」

「体調不良で入院しているので手続きができない」(しかしIさんがSNSにアップした打ち上げ画像には、ビールを飲んでいるH社長が写っていた)

「親族が亡くなって、今は仕事をできる精神状態じゃないので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る