税も未納だった…倒産した編集プロダクションの呆れた内情

公開日: 更新日:

 書籍の原稿料19万円を未払いにされたまま、編集プロダクションが倒産した。税金未納で国税庁の査察が入り、財産をすべて押さえられたのだ。

 これはフリーのライターとして活動している私の身に起きた話であるが、先日、その会社の元社員Nさんから連絡があった。Nさんは昨年の春まで勤務し転職した。今春の倒産騒動に立ち会っていないが、転職するまでの会社の内情を伝えたいとのことだった。

「会社では、給料の遅配は2016年末からあったと記憶しています」

 その頃から経営は傾いていたということだが、同じ16年9月に会社はオフィスを移転しているのである。それも、JR中央線の西側から九段下の一等地へ。さらに17年までは毎年、海外のブックフェアにも出展していた。同じく未払いを受けていた数人のフリーランスは、「初めて仕事をした会社だったんですが、オフィス移転などの経緯を見て、経営は大丈夫だと判断して受注した」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る