• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

皇室も飲んだ朱色の酒「伊根満開」はエスニックにも合う

伊根満開

 京の酒といえば20近い蔵がひしめく伏見が思い浮かぶ。灘が「男酒」なら、この地は「女酒」として名高い。しかし今回紹介するのは、京は京でも日本海に面した「海の京都」こと丹後半島・伊根で醸される逸品だ。

 伊根は舟屋の里として著名で、めったに荒れない海と低く連なる山々が驚くほど接近している。この地で宝暦4(1754)年に創業したのが向井酒造。杜氏で向井家長女の久仁子さんは笑う。

「日本で一番海に近くて、日本で一番狭いのがウチの蔵です」

 私はそこに「日本で有数のうまい酒を醸す」と加えよう。ちなみに蔵元は末っ子の崇仁さん。蔵に併設の販売スペースでは、蔵元夫人やご両親が出迎えてくれる。

 この蔵の主力銘柄「京の春」は、生もとや山廃、にごり酒などバリエーション豊富。いずれもストロングタイプの正統派だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る