• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

皇室も飲んだ朱色の酒「伊根満開」はエスニックにも合う

伊根満開

 京の酒といえば20近い蔵がひしめく伏見が思い浮かぶ。灘が「男酒」なら、この地は「女酒」として名高い。しかし今回紹介するのは、京は京でも日本海に面した「海の京都」こと丹後半島・伊根で醸される逸品だ。

 伊根は舟屋の里として著名で、めったに荒れない海と低く連なる山々が驚くほど接近している。この地で宝暦4(1754)年に創業したのが向井酒造。杜氏で向井家長女の久仁子さんは笑う。

「日本で一番海に近くて、日本で一番狭いのがウチの蔵です」

 私はそこに「日本で有数のうまい酒を醸す」と加えよう。ちなみに蔵元は末っ子の崇仁さん。蔵に併設の販売スペースでは、蔵元夫人やご両親が出迎えてくれる。

 この蔵の主力銘柄「京の春」は、生もとや山廃、にごり酒などバリエーション豊富。いずれもストロングタイプの正統派だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る