• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

天寶一 米の持つポテンシャルを最大限に引き出した自信作

タンシチューの濃厚なソースにバッチリはまる

 西日本を代表する銘醸地広島では、「龍勢」「竹鶴」「雨後の月」などタイプの異なる酒が覇を競う。その中で注目しているのが、福山市で醸される「天寶一」だ。

 当主・村上康久さんと杜氏の髙田直樹さんとのタッグは19年目、シーズンごとに進歩を見せてきた。とりわけ「衛生」「清潔」を徹底させているのには感心させられる。麹づくりでは手袋を着用。小さな道具もこまめに殺菌と乾燥を繰り返し、事あるごとに蔵の隅から隅まで掃除する。

「雑菌の作用を極力封じたおかげで、醸造の過程で発生しがちなイヤな香りを、今季は格段に抑えられるようになりました。酵母の動きもよくなり、米本来のうま味が一層酒に反映しています」

「天寶一」といえば、骨太でクリアなキレの“赤ラベル”、「超辛 純米 千本錦」の評価が高い。だけど、酒好きの諸兄諸姉には「特別純米 八反錦」を推したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る