• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

澤姫吟醸酒は「夏でも燗を堪能できる酒」と蔵元が太鼓判

 夏本番、日本酒ファンには新たな楽しみが生まれる。冷房の効いた部屋で呑む燗酒だ。

 近年は冷酒がスタンダードになった。豪華に香って甘酸っぱい酒は、ジューシーさとインパクトが命。グラスが曇るほどに冷やし、グイッとやるのがよろしかろう。

 だが、冷酒だけでは日本酒の魅力の一部分しか味わえない。腕利きの杜氏が丹精込めて醸した酒は、どんな温度帯でもしっかりうまい。

 60度近い「飛び切り燗」から30度辺りの「日なた燗」まで、温度の違いにより甘辛の新しいドアが開く酒がある。酸のエッジが立ったり、まろやかになったり、五味にうま味、苦渋、香りなどの変化が実感できる。

 何より、燗付けというひと手間をかける作業がいい。銘酒をしみじみ呑み、じんわり酔う。日本酒による心のデトックスではあるまいか。

 ちなみに、私は浅い平底の鍋に銚子を入れて燗をしている。温度計は使わず勘で火を切る。総じてぬるいのより、熱い方が好みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る