• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

澤姫吟醸酒は「夏でも燗を堪能できる酒」と蔵元が太鼓判

 夏本番、日本酒ファンには新たな楽しみが生まれる。冷房の効いた部屋で呑む燗酒だ。

 近年は冷酒がスタンダードになった。豪華に香って甘酸っぱい酒は、ジューシーさとインパクトが命。グラスが曇るほどに冷やし、グイッとやるのがよろしかろう。

 だが、冷酒だけでは日本酒の魅力の一部分しか味わえない。腕利きの杜氏が丹精込めて醸した酒は、どんな温度帯でもしっかりうまい。

 60度近い「飛び切り燗」から30度辺りの「日なた燗」まで、温度の違いにより甘辛の新しいドアが開く酒がある。酸のエッジが立ったり、まろやかになったり、五味にうま味、苦渋、香りなどの変化が実感できる。

 何より、燗付けというひと手間をかける作業がいい。銘酒をしみじみ呑み、じんわり酔う。日本酒による心のデトックスではあるまいか。

 ちなみに、私は浅い平底の鍋に銚子を入れて燗をしている。温度計は使わず勘で火を切る。総じてぬるいのより、熱い方が好みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る