増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

「北島」は抜群の酸味 “うまいもんの国”の酒は間違いない

公開日:  更新日:

 滋賀の酒造りは福島や秋田、山形、長野各県と並んで進境著しい。

 思いつくままに滋賀の銘酒を挙げれば「大治郎」「一博」「笑四季」「七本鎗」「神開」「杣の天狗」……。滋賀はまさしく「平成の銘醸地」にふさわしい。

 滋賀は湖国として名高いけれど、伊吹や鈴鹿、比良、比叡といった山脈に囲まれてもいる。山々から琵琶湖に注ぐ伏流水はミネラルに富み酒造りにうってつけだ。

 加えて、近江盆地の夏は晴天が多く米作に適しており、玉栄や滋賀渡船など注目の酒造好適米を産する。冬が来れば厳しく冷え込む。雑菌が減り、麹や酵母の働きやすい自然環境は酒蔵にとって何よりもありがたい。

 滋賀は江州米や近江牛だけでなくフナにアユ、モロコ、伝統野菜の日野菜、伊吹大根など食通をうならせる「うまいもんの国」でもある。いい米と食材がある土地は、間違いなく酒もうまい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る