• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

「北島」は抜群の酸味 “うまいもんの国”の酒は間違いない

 滋賀の酒造りは福島や秋田、山形、長野各県と並んで進境著しい。

 思いつくままに滋賀の銘酒を挙げれば「大治郎」「一博」「笑四季」「七本鎗」「神開」「杣の天狗」……。滋賀はまさしく「平成の銘醸地」にふさわしい。

 滋賀は湖国として名高いけれど、伊吹や鈴鹿、比良、比叡といった山脈に囲まれてもいる。山々から琵琶湖に注ぐ伏流水はミネラルに富み酒造りにうってつけだ。

 加えて、近江盆地の夏は晴天が多く米作に適しており、玉栄や滋賀渡船など注目の酒造好適米を産する。冬が来れば厳しく冷え込む。雑菌が減り、麹や酵母の働きやすい自然環境は酒蔵にとって何よりもありがたい。

 滋賀は江州米や近江牛だけでなくフナにアユ、モロコ、伝統野菜の日野菜、伊吹大根など食通をうならせる「うまいもんの国」でもある。いい米と食材がある土地は、間違いなく酒もうまい!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る