増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

洋食にもマッチする 強烈な酸味の個性派「純米アフス生」

公開日: 更新日:

 日本酒の美点は「酒屋万流」、酒ごとの豊かな個性にある。ところが、このところ大手を振っているのは、香って甘酸っぱい酒ばかり。サワー系酎ハイ人気にあやかろうということなのか?

 だが、そんな酒の多くが奥行きに欠け、薄っぺらなのが気にかかる。うまい酒は重層的かつ複雑な風味を備え、味わいの幅が分厚い。トータルバランスで甘・辛・酸・苦・渋が高いレベルで拮抗している。

 心ある蔵は味わいの演出にも知恵と技術を絞っており、そのアプローチの違いを堪能するのが、日本酒を呑む楽しみであり喜びといえよう。

 たとえば「十四代」の香り、「村祐」の甘味、「新政」の酸味はいずれも、くどさとは無縁で気品すら漂う。オリジナリティーたっぷりながら、決して悪目立ちしない。これらを先導役にし、ほかの風味が絶妙のアレンジで迫ってくる。ついつい2杯3杯と杯が進む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る