増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

洋食にもマッチする 強烈な酸味の個性派「純米アフス生」

公開日:

 日本酒の美点は「酒屋万流」、酒ごとの豊かな個性にある。ところが、このところ大手を振っているのは、香って甘酸っぱい酒ばかり。サワー系酎ハイ人気にあやかろうということなのか?

 だが、そんな酒の多くが奥行きに欠け、薄っぺらなのが気にかかる。うまい酒は重層的かつ複雑な風味を備え、味わいの幅が分厚い。トータルバランスで甘・辛・酸・苦・渋が高いレベルで拮抗している。

 心ある蔵は味わいの演出にも知恵と技術を絞っており、そのアプローチの違いを堪能するのが、日本酒を呑む楽しみであり喜びといえよう。

 たとえば「十四代」の香り、「村祐」の甘味、「新政」の酸味はいずれも、くどさとは無縁で気品すら漂う。オリジナリティーたっぷりながら、決して悪目立ちしない。これらを先導役にし、ほかの風味が絶妙のアレンジで迫ってくる。ついつい2杯3杯と杯が進む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る