ストレスで体を壊す母親まで PTA“地獄のスパイラル”

公開日: 更新日:

「PTA活動は任意活動のはず」「働くお母さんには難しい」――タレントの菊池桃子が1億総活躍国民会議で、そんな発言をしてから2年以上。PTAをめぐる問題はちょくちょく報じられ、事態は改善されつつあるのかと思ったら、違った。

 小4の息子がいる都内在住の優子さん(41=仮名)は、PTA活動に参加すれば子どものことが分かり、イジメも避けられると思って役員を引き受けた。

 が、ちょっとでも異論を唱えようものなら大勢の親たちに囲まれ、圧力をかけられる。立ち仕事のパート勤務との両立はつらく、帰宅が遅い夫とは口論というストレスフルな毎日が続いた。

 優子さんは「先日がんが見つかりまして……膨大なPTA活動のストレスのせいかな、と」。

 小3の娘がいる智子さん(39=仮名)も「母子家庭なのにPTAの役員を押しつけられ、円形脱毛症に。共働き、母子家庭、介護世帯などの事情は考慮されず、みな“平等”でポイント制です。1学年1クラスしかないから6年間で2回も役員が回ってきます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

もっと見る