ストレスで体を壊す母親まで PTA“地獄のスパイラル”

公開日:

「PTA活動は任意活動のはず」「働くお母さんには難しい」――タレントの菊池桃子が1億総活躍国民会議で、そんな発言をしてから2年以上。PTAをめぐる問題はちょくちょく報じられ、事態は改善されつつあるのかと思ったら、違った。

 小4の息子がいる都内在住の優子さん(41=仮名)は、PTA活動に参加すれば子どものことが分かり、イジメも避けられると思って役員を引き受けた。

 が、ちょっとでも異論を唱えようものなら大勢の親たちに囲まれ、圧力をかけられる。立ち仕事のパート勤務との両立はつらく、帰宅が遅い夫とは口論というストレスフルな毎日が続いた。

 優子さんは「先日がんが見つかりまして……膨大なPTA活動のストレスのせいかな、と」。

 小3の娘がいる智子さん(39=仮名)も「母子家庭なのにPTAの役員を押しつけられ、円形脱毛症に。共働き、母子家庭、介護世帯などの事情は考慮されず、みな“平等”でポイント制です。1学年1クラスしかないから6年間で2回も役員が回ってきます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る