文科省「置き勉解禁」は小手先 識者が提唱する抜本解決策

公開日:

 小学生が背負うランドセルが重い――。保護者らからの意見を受け、文科省が各都道府県教育委員会に、学校に荷物の一部を置いて帰るなどの対応を求める通知を出すことになった。

 ランドセルメーカー「セイバン」の調査では、1週間のうち最も重い日の荷物重量は平均約4・7キロで、ランドセルの重さを含むと平均約6キロ。小学生の約3割がランドセルを背負った時に痛みを感じているという。

 通知では、▼家庭学習に使わない教科書を学校に置いておく▼大きな荷物を分散して持ち帰る▼教材のアサガオの鉢植えなどは保護者に持って帰ってもらう――などの参考例を示す見通し。具体的な方法は各学校に検討を求め、子どもの体への負担軽減を図る。

 文科省は「禁止していたわけではないので、これまでも学校の判断で荷物を置くことを容認することは可能でした。現状、禁止しているか、容認しているかの実態は調査しておらず把握していない。両方あるのではないか」(教育課程課教育課程企画室)と答えた。これまでも学校の判断で「置き勉」を許せたが「ほとんどの学校は禁止してきた」(小学校関係者)ようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る