牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

初めての「朝の酒」は20代の終わりにパリのキャフェーで

公開日: 更新日:

 はじめてパリへ行ったのは20代の終わりで、12月の寒いときだった。地下鉄を降り、地上に出て最初に思ったことは、「おとぎの国のようだ」であった。子供の頃に見たヨーロッパの絵本に描かれていたのと同じ、古く美しい街並みを見たからである。

 翌朝、時差ボケもあったのだろう、ずいぶん朝早くに目が覚めてホテルから散歩に出た。憧れの本場のキャフェーでコーヒーを飲みたいと思っていたのだ。一軒のキャフェーを見つけて入ろうかどうか迷っていると、仕事へ向かっているとおぼしき小脇にカバンをかかえて足早に歩いてやってきた男が、さっと入ったので、僕もそのあとに続いて扉を開いた。

「ボ、ボンジュー」

 たどたどしく挨拶をして張り出してあるメニューを見たが、何を書いてあるのかさっぱり分からない。どぎまぎしてカウンター越しに立っていると、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る