• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

階段の踊り場で窓を開け そこは自分だけの「喫茶階段室」

投稿日:

 昨今、愛煙家は撲滅される運命にあるようだが、僕はまだたばこがやめられずにいる。以前、都内の住宅地にある美術館へ行った時に、通りへ出てたばこに火をつけたところ、15メートルばかり離れた場所で子供と遊んでいた若い父親が駆け足でやって来て、

「おい、子供がいるんだぞ。すぐに消せ」

 と恐ろしいけんまくで怒鳴った。煙が行っているとは思えなかったし、第一、口の利き方がなっていないではないか。ムッとしたが、殴りかからんばかりだったので何も言わずに火を消すと、

「気をつけろよ」

 と言い捨てて男は戻っていった。世の中、穏やかではない。

 僕が1日に吸うたばこは6、7本である。毎朝、桜の樺細工のたばこケースに10本入れているから分かる。以前はもっと多く吸っていたが、このごろはそのくらいでちょうどいい。いっそやめればいいとよく言われるが、絵を描くためにアトリエに入り、絵の具をいじる前に、長年の習慣もあってどうしても一服したくなる。このあと一日中、集中して自分と向き合う前に、ボンヤリとカンバスを見つめて空白の時をやり過ごす。たばこは緊張感をほぐしてくれるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る