牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

階段の踊り場で窓を開け そこは自分だけの「喫茶階段室」

公開日:

 昨今、愛煙家は撲滅される運命にあるようだが、僕はまだたばこがやめられずにいる。以前、都内の住宅地にある美術館へ行った時に、通りへ出てたばこに火をつけたところ、15メートルばかり離れた場所で子供と遊んでいた若い父親が駆け足でやって来て、

「おい、子供がいるんだぞ。すぐに消せ」

 と恐ろしいけんまくで怒鳴った。煙が行っているとは思えなかったし、第一、口の利き方がなっていないではないか。ムッとしたが、殴りかからんばかりだったので何も言わずに火を消すと、

「気をつけろよ」

 と言い捨てて男は戻っていった。世の中、穏やかではない。

 僕が1日に吸うたばこは6、7本である。毎朝、桜の樺細工のたばこケースに10本入れているから分かる。以前はもっと多く吸っていたが、このごろはそのくらいでちょうどいい。いっそやめればいいとよく言われるが、絵を描くためにアトリエに入り、絵の具をいじる前に、長年の習慣もあってどうしても一服したくなる。このあと一日中、集中して自分と向き合う前に、ボンヤリとカンバスを見つめて空白の時をやり過ごす。たばこは緊張感をほぐしてくれるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る