“人生最大の買い物” 不動産が増税後に安くなるのはウソ

公開日:

 1年後の2019年10月に消費税が10%にアップする。この増税で最も影響を受けるのが、“人生最大の買い物”といわれる不動産だ。「値上げ前に買うのが賢い」「いや、駆け込み需要の反動でこれから価格は安くなる」などと、さまざまな情報が飛び交うが、実際のところ、いつ買うのが正解なのか。

■都心部は○ 近郊・地方は×

 前回、消費税が5%から8%にアップしたのは2014年4月。新築マンションや一戸建ての場合、特例措置で13年9月までに契約すれば、現行の5%のままで済むということで、その年の不動産価格は急上昇した。

 不動産経済研究所によると、13年の首都圏平均価格は前年比8.6%アップの4929万円。近畿圏でも1.7%上昇の3496万円だった。この数字からも、いかに増税前の駆け込み需要が多かったかが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る