自治体に聞いた 鹿児島県霧島市に移住者が増えているワケ

公開日:

「住みたい温泉地の全国1位」の鹿児島県霧島市は、西郷どんがたびたび家族で訪れ、坂本龍馬が新婚旅行に選んだ地としても知られる。実はここ、移住者数も多く、2014年度に69人(うち中学生以下の子どもが16人)、15年度に121人(同20人)、16年度に161人(同56人)、17年度に169人(同57人)と3年間で2.5倍。今年度はすでに4~8月の5カ月間で、65人が移住しているという。目立つのは東京、大阪、福岡からの移住者だ。

 有名温泉地は全国に多数あるが、大都市から、これほど霧島市に集まるのはなぜなのか。霧島市の担当者に聞いた。

「空港からの近さを理由に挙げる移住者が多いですね。市街地にあって、東京から鹿児島空港は最短100分。さらに、空港から温泉まで車で10分のアクセスの良さも好評です。比較的若い40代前後のファミリーも移住しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る