自治体に聞いた 鹿児島県霧島市に移住者が増えているワケ

公開日: 更新日:

「住みたい温泉地の全国1位」の鹿児島県霧島市は、西郷どんがたびたび家族で訪れ、坂本龍馬が新婚旅行に選んだ地としても知られる。実はここ、移住者数も多く、2014年度に69人(うち中学生以下の子どもが16人)、15年度に121人(同20人)、16年度に161人(同56人)、17年度に169人(同57人)と3年間で2.5倍。今年度はすでに4~8月の5カ月間で、65人が移住しているという。目立つのは東京、大阪、福岡からの移住者だ。

 有名温泉地は全国に多数あるが、大都市から、これほど霧島市に集まるのはなぜなのか。霧島市の担当者に聞いた。

「空港からの近さを理由に挙げる移住者が多いですね。市街地にあって、東京から鹿児島空港は最短100分。さらに、空港から温泉まで車で10分のアクセスの良さも好評です。比較的若い40代前後のファミリーも移住しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る