田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

無冠のどん底からカムバックを果たした昭和・平成の名棋士

公開日: 更新日:

 大山康晴(十五世名人)は、実力制初代名人の木村義雄(十四世名人)を1952(昭和27)年に破って名人を獲得した。

 しかし、宿命のライバルといわれた升田幸三(実力制第四代名人)にタイトル(当時は三冠)を奪われ、57年に「無冠」になった。

 大山は収入が3分の1に減ったこともあり、タクシーに乗らずに電車を利用したり、お手伝いさんに辞めてもらったり、禁煙したりして、生活をまず改めた。また予選の対局が多いので、居飛車から負担の軽い振り飛車を指し始めた。

 大山はその後、升田からタイトルを奪還した。60年代にはタイトル(当時は五冠)をほぼ独占して無敵を誇った。裏芸といわれた振り飛車を、十八番の武器にした。

 中原誠(十六世名人)は、72年に大山名人を破って名人を獲得した。78年には五冠王(当時は六冠)になった。しかし、82年の名人戦で加藤一二三(九段)に敗れ、「無冠」になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る