田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

人工知能で将棋ソフトが進化 藤井七段と将棋の未来に期待

公開日:

 ある将棋史研究家の学説によると、日本の将棋の起源は5世紀ごろのインドに遡り、「チャトランガ」というゲームが考案されたという。駒は、王、戦車、騎兵、象隊、歩兵の5種類で、軍隊を模したものだった。

 その後、チャトランガは世界の東西に形を変えて伝わっていった。ヨーロッパでチェス、アジアでマークルック(タイ)、シャンチー(中国)などが生まれた。いずれも「兄弟」に当たる。

 日本の将棋の原型は、以前は8世紀に中国から伝来されたといわれた。現在は東南アジアを経由した見方が定説で、その時期ははっきりしていない。

 将棋が記された最古の文献、奈良の興福寺で出土された最古の駒は、いずれも11世紀の平安時代だった。当時は公家や僧侶が愛好した。武家社会に移行すると武士たちも指した。

 草創期には「泰将棋」「魔訶大々将棋」など、盤面が広くて駒が100枚以上ある大型の将棋があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る