田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

人工知能で将棋ソフトが進化 藤井七段と将棋の未来に期待

公開日: 更新日:

 ある将棋史研究家の学説によると、日本の将棋の起源は5世紀ごろのインドに遡り、「チャトランガ」というゲームが考案されたという。駒は、王、戦車、騎兵、象隊、歩兵の5種類で、軍隊を模したものだった。

 その後、チャトランガは世界の東西に形を変えて伝わっていった。ヨーロッパでチェス、アジアでマークルック(タイ)、シャンチー(中国)などが生まれた。いずれも「兄弟」に当たる。

 日本の将棋の原型は、以前は8世紀に中国から伝来されたといわれた。現在は東南アジアを経由した見方が定説で、その時期ははっきりしていない。

 将棋が記された最古の文献、奈良の興福寺で出土された最古の駒は、いずれも11世紀の平安時代だった。当時は公家や僧侶が愛好した。武家社会に移行すると武士たちも指した。

 草創期には「泰将棋」「魔訶大々将棋」など、盤面が広くて駒が100枚以上ある大型の将棋があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    "残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る