田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

羽生善治はもっか順位戦6勝1敗 名人挑戦が期待できる

公開日: 更新日:

 昨年の12月21日。羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦した竜王戦の第7局で、羽生は通算3勝4敗で広瀬に敗れて竜王のタイトルを失った。

 羽生は1991(平成3)年以来、1つ以上タイトルをずっと保持してきたが、この竜王戦で敗れて27年ぶりに「無冠」になったのだ。

 その羽生は、竜王戦第7局の終局から約40時間後の12月23日の昼すぎ、東京郊外の「八王子将棋クラブ」に顔を出した。

 羽生が小学2年から通って腕を磨いた将棋クラブで、自身の棋士人生の原点だという。しかし、クラブ経営者(75)の高齢や体調面、ビル老朽化による改修工事の事情によって、24日で閉鎖することが決まっていた。

 羽生は、竜王戦で敗れた直後にもかかわらず、前からの約束ということでクラブを訪れた。そして「自分自身は前に進んでいかなくてはいけないと思っています」と挨拶した。その後は子どもたちに指導対局をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る