田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

藤井聡太編 気象データを分析し時刻表のダイヤは丸暗記

公開日: 更新日:

 藤井聡太七段(16)は、名古屋大学教育学部付属中学の3年生だった2017年の夏、高校で将棋と学業の両立ができるかどうか、進学について迷っていたという。

 しかし、同年10月に前記の大学の付属高校に進学することを表明し、「全てのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきます」とコメントした。

 藤井は、年間で50局以上ある公式戦の対局の傍ら、同高の1年生として学業に励んでいる。

 藤井は正月のある対談で「学校で学んだことが将棋に役立つことはありません。ただ、学校に行くことで、精神的にバランスが保てるかなと思います。勉強で面白いのは世界史です。今は近代史の第1次世界大戦の授業を受けています」と、高校生活について語った。

 藤井は小学生時代から「鉄道」に夢中になっていた。近所の踏切で電車の行き来を1時間も見ていたり、電車の先頭車両の一番前に立って運転士の気分になったり、時刻表をくまなく見てダイヤを丸暗記した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る