田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

藤井聡太編 タイトル保持者乱立は30年前の様相と符号する

公開日: 更新日:

 昨年の7月に、佐藤天彦名人(31)、羽生善治竜王(48)、久保利明王将(43)、渡辺明棋王(34)、菅井竜也王位(26)、中村太地王座(30)、高見泰地叡王(25)、豊島将之棋聖(28)と、8タイトルを8人の棋士が持ち合う状況になった。

 さらに、10月に王座戦で中村を破って斎藤慎太郎王座(25)、12月に羽生を破って広瀬章人竜王(32)がそれぞれ誕生した。

 このように現在のプロ棋界は、群雄割拠する「戦国時代」の様相になっている。

 実は、1987(昭和62)年の10月にも、中原誠名人(当時40)、谷川浩司王位(同25)、桐山清澄棋聖(同40)、中村修王将(同24)、高橋道雄棋王(同27)、福崎文吾十段(同27)、塚田泰明王座(同22)と、7タイトルを7人の棋士が持ち合う同じような状況になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る