どれが“効く”? 大人向けの脳トレ本「音読」を試してみた

公開日: 更新日:

 本屋には大人向けの脳トレ本がズラリと並ぶ。数独やナンプレ、パズルゲームが定番だが、いったいどれが効果的なのか? 簡単にできてしまう“脳トレ”は脳に負担がかからないという意見もある。実際、購入して試してみた――。

 まず、本屋を巡った記者の目に留まったのは「音読」本だ。「東北大学 川島隆太教授の毎日楽しむ大人のドリル 脳を鍛える『音読・漢字』60日」(くもん出版)では、近現代の名作の音読と漢字の書き取りをセットにしている。

 “脳トレ”で有名な医学者の川島氏は本書の中で、本を音読しているときは〈黙読時よりもさらに多くの“場所”が左右の脳で働いています。前頭前野は音読スピードが速ければ速いほどたくさん働く〉と指摘する。前頭前野を鍛えることで、記憶力も高まるという。

 谷崎潤一郎の「刺青」や遠藤周作の「沈黙」といった著名な文学作品の一部(300文字程度)が抜き出されていて、声に出して読む――。このテキストが60日分収録されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る