SNSで非難轟々“キレる老人”増えた背景を常見陽平氏に聞く

公開日: 更新日:

 バスで席に座っていた子どもを無理やり立たせて座り、周囲の乗客と口論になったケースや、地下鉄のドアが閉まる際に何度もわざと手を挟んで出発を遅らせたケース……。

 いずれも、騒ぎを起こしたのは高齢者で、そんな様子がツイッターに投稿され、「老害」と騒ぎになったことをご存じだろうか。

 横暴な老人があちこちで話題になっている。昨今のご老人はキレやすくなっているのか。千葉商科大学専任講師で働き方評論家の常見陽平氏に聞いた。

「今は少子高齢化の時代で若者の人口が減少し、若者の犯罪件数も減っている一方、高齢者の人口は増えています。SNSなどには、一部の高齢者の様子を投稿する人がいる。それでキレやすい老人が周りの目につきやすく、増えているように見える、目立って見えるのだと思います」

 高齢者の迷惑行為が増えているか、減っているかは、統計がなく、判断がつかない。迷惑行為の背景には、どんなことが影響しているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る