川西市長が公約「政治のPTA介入」 保護者の負担減なるのか

公開日: 更新日:

 強制加入や負担増が問題になっているPTAに風穴をあけるかもしれない――昨年10月に当選した兵庫県川西市の越田謙治郎市長(41)の公約が話題になっている。保護者の負担軽減のために行政が検討会を開き、PTAの運営に関わるという。

 まずは、川西市の教育委員会にPTAの現状について聞いてみた。

「以前からPTAの強制加入、役員の決め方など『負担を減らして欲しい』という声は市内の小、中学校に多数あったと聞いています。公約については『期待している』という人もいますが、『任意の団体に行政が介入するのはおかしい』といった声もあります。賛否ありますが、問題意識をもってもらえたのはよかったと思います」(担当者)

 PTA問題の早期解決が望まれるが、「PTAの現場は疲弊しています」と、自身も小学生の子どもを持つ生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏はこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る