【東京交通会館編】館内ハシゴも…1965年創業時の雰囲気で

公開日: 更新日:

 平成から令和へ。まさに「昭和は遠くなりにけり」で、昭和を思わせる酒場はどんどん減っている。そんな中、1965年という高度成長期の真っただ中に創業した有楽町「東京交通会館」の地下街には、今も古き良き昭和の薫りが残る。

 まずは交通会館創業時からやっている「ひろしまや」。先代を含めると、交通会館が建つ前の「すしや横丁」の時から70年以上という老舗。居酒屋戦後史に残る名店だ。現在は2代目の女将さんが切り盛り。名物の賀茂鶴のタル酒目当てに足しげく通う客は多い。

 2軒目は「居酒屋べにづる」。カウンター、テーブル、小上がりが揃う、まさに昭和の典型的な居酒屋のしつらえ。しめサバ、塩キャベツなどつまみもザ居酒屋。隣で熱く語り合う熟年カップルは、一体どういう関係だろう。夫婦には見えない。地下だから、人目を避けてあいびきするのにもってこい?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る