【芝公園編】角打ちの聖地で路地裏の個性派2軒をはしご

公開日: 更新日:

 業界人やセレブ向けのオシャレな店が並ぶ麻布十番、慶大生やサラリーマン向けの居酒屋がひしめく三田。それぞれ賑わう繁華街に挟まれた「芝公園」。歩いてみると、昭和の古びた街並みが残る、都会のオアシスの雰囲気が漂う街だった。

 実は、芝公園は知る人ぞ知る“角打ちの聖地”。酒屋の軒先で売り物の酒を飲ませる昔ながらのスタイルだ。角打ちは北九州市が発祥とされ、東京にも何軒か残っているが、年々減ってきている。

 1軒目にお邪魔したのは、赤羽橋南交差点から路地に入った所にある「丸辰有澤商店」。かつて大石内蔵助がその隣で暮らしていたという「柳神社」の目の前にある。酒屋のバックヤードが立ち飲みスペースになっていて、気軽な缶ビール・缶チューハイのほか、全国の地酒が15種類以上揃う。仕事帰りのサラリーマン客に交じって一人飲み。缶ビールで喉の渇きを潤した後、地酒にシフト。「本日の鶴齢」1合500円。故郷の酒だ。頼むと白髪のお婆ちゃんが一升瓶を抱えてきて、ビールのコップになみなみついでくれた(コップの容量は180ミリリットル=1合)。

 聞けば、店は戦後すぐの創業。初代はもともと、高知で造り酒屋をしていたが、満洲から戻って芝で小売りを始めたという。お婆ちゃんは80代半ば! 商売していると、お若いですなあ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る